• 「そんな服、売れるの?」

    自分の中の自分が問う。売れるかどうかなんてわからない。だからやってるんだ。

    正解なんてこっちが聞きたいくらいだ。不安でしょうがないのに金も労力もかかる。

    諦めてしまった仲間も多い。

    気を許すと不安が口から出そうになるのを堪え、今日も創造と向き合う。ー


    とあるクリエーターの悩みから、

    我々は「低コストで始める。企画途中で顧客の反応が見られて、修正可能、リスクを抑えながら服を販売する」プラットフォームを作ることにしました。


    ファッションは表現です。ありもののボディにプリントするくらいでは表現しきれない

    想像力が人間にはあります。パターンも生地もパーツも、好きなものを選ぶべきです。

    他人も巻き込んで、もっと面白いものを創ってやろう。


    表現で巻き込む。その場がMAKETHです。

  • 機械化が進む現代において、クリエーションこそ今人間がやることだと私たちは考えています。

    MAKETHは服をつくるハードルを下げ、創作過程をコンテンツにしてファンを増やすことで売れる精度を高めるサービスです。

    アクセスしにくかった「服創り」を、新しい自己表現の方法として民主化したいと思っております。

    日々クリエーションに向き合う方々には「服」という角度から創作をお試しいただきたく、今回の限定提案を検討いただければ幸いです。

    株式会社maketh 代表取締役 岡修平

  • MAKETHのスキーム

    ヒアリングを元に作成した3Dサンプルを原型として、

    他のユーザーとのコミュニケーションをとりながら創作していきます。

    実際にサンプルを作成、予約集計・生産・配送までをMAKETHが代行致します。

    売上数量が一定以上であれば、利益を還元させていただきます。

  • FAQ

    ■商品の販売価格帯は?

    デザインの仕様によりますが、セレクトショップオリジナルの価格帯をイメージして調整しております。

    弊社の生産は受注生産で、国内生産パートナー様との関係性を大切にしております。

    無駄がなく、誰も無理しないのが弊社の目指すサステナビリティ像です。

    プチプラブランドのような価格でのご提供は難しいので、あらかじめご理解いただけますと幸いです。

    ■生産基準について詳しく

    弊社にて予約の集計を行い、生産ロットと収益基準を満たすものだけ生産・配送代行致します。在庫のリスクを極限まで減らすことでサービスが成り立っております。量産出来ない可能性もありますのでご理解のほど宜しく御願い致します。

    ■オリジナルのブランドネーム・タグはつけられる?

    申し訳ございませんが、現在対応が出来かねます。代わりにインスタグラム等のURLをQRコードにして洗濯表示と共に縫い付けることは可能です。ご相談下さいませ。

    著作権は誰が持つの?

    弊社にて作成した3D、画像を含む著作物の著作権は弊社に帰属します。

    しかし、自己ブランディングや商品を宣伝する目的においてご自身が「デザインした」と発信して頂くことに問題はありません。(むしろ積極的にお願い致します!)

    ■製品にクレームを受けたら?

    製造販売責任は弊社に御座います。お手数ですが、info@maketh.fashionまでお問合せ頂けるようご案内お願い申し上げます。

    ■どれくらいの利益還元がある?

    枚数によって異なりますが、通常の最低は20枚/ロット販売で5%となります。

    100枚/ロット販売で10%となります。

    20枚に満たない場合、別途ご相談となります。

    ■購入者は返品は可能?

    発送より10日以内の返品が可能です。(送料元払い)※再販可能な状態のみ返品可能

    info@maketh.fashionまでお問合せ頂けるようご案内お願い申し上げます。

    ■いつ費用は発生する?

    今回の費用の回収はヒアリングでつくるデザインの方針が決まった後、お申し込み時に頂く予定です。

    決済機能の導入スケジュールによって変更御座いますので、都度お問合せ下さいませ。

    ■どんなアイテムでもいいの?

    残念ながらレザー、ニットなど現在お取り扱い出来ないアイテムが御座います。

    重衣料に関しては別途費用発生する恐れがあります。素材・型により内容は変わりますのでご相談下さいませ。

  • 表現に「服創り」という選択肢を。

    こちらにて事前登録を承っております。

    すべての投稿
    ×